セキュリティ シールド

Google の強固なセキュリティ機能で個人情報を安全に保護する。

高度な保護機能プログラムが、標的型オンライン攻撃のリスクが高いユーザーと機密性の高い情報を守ります。新しい保護機能が自動的に追加されるため、最新の脅威に幅広く対応できます。

高度な保護機能で標的型オンライン攻撃を防御する。

アカウントへの不正アクセスを防止する

フィッシング詐欺の手法は日々進化しており、熟練ユーザーでさえも騙されてログイン認証情報を渡してしまうことがあります。高度な保護機能では、Google アカウントにログインする際にセキュリティ キーを使用する必要があります。セキュリティ キーとは、ログイン時の本人確認に使用するハードウェア デバイス、またはスマートフォン上の特殊なソフトウェアです。第三者がユーザー名とパスワードを不正に入手したとしても、セキュリティ キーを持っていなければログインすることはできません。

有害なダウンロードからの保護を強化する

攻撃者はさまざまな戦略を駆使して、不正なソフトウェア(いわゆるマルウェア)をダウンロードするよう仕向けてきます。マルウェアに対する保護機能は Google Chrome にも組み込まれていますが、高度な保護機能ではダウンロードのたびにより厳重なチェックを行い、有害な恐れのあるファイルのダウンロードを報告したりブロックしたりします。Android スマートフォンにアプリをインストールする場合も、Google Play ストアやデバイス メーカーのアプリストアなど、確認済みのストアからのインストールでないと許可されません。

個人情報の安全性を保つ

新しいアプリやサービスに登録するとき、Google アカウント内の情報(連絡先、位置情報、カレンダー、ドライブ ファイルなど)へのアクセスを求められることがよくあります。通常であれば危険はありませんが、攻撃者が正当なサードパーティ サービスになりすまし、アカウントに不正にアクセスしようとすることがあります。高度な保護機能では、こうした不正なアクセスを防止するため、Google アカウントのデータへのアクセスはユーザーの許可を前提とし、Google アプリと確認済みのサードパーティ アプリにのみ許可します。

高度な保護機能の活用事例

登録は数分で完了します。

3 種類の登録方法がありますが、スマートフォンのセキュリティ キーを使用する方法が最もシンプルでおすすめです。

スマートフォンの組み込みのセキュリティ キーを使用する

Android: Android 7.0 以上を搭載したスマートフォンをお持ちの場合は、スマートフォンの組み込みのセキュリティ キーを使用して簡単に登録できます。

iPhone: iOS 10.0 以上を搭載した iPhone をお持ちの場合は、Google Smart Lock アプリをインストールしてセキュリティ キーを生成し、そのキーを使って登録できます。

手に持ったスマートフォン

物理的なキーを使用する

物理的なキーを使用して登録する場合は、Titan セキュリティ キーまたは FIDO 準拠のセキュリティ キーを購入してください。2 つ購入し、1 つをメインキーとして、もう 1 つをバックアップとして使用することをおすすめします。

セキュリティ キーをパソコンに差し込む
高度な保護機能で攻撃を防御する。

Google が提供する強固なセキュリティ機能が、進化し続ける最新の脅威からデータを守ります。詳しくは、高度な保護機能プログラムに関するよくある質問をご覧ください。

オンラインでユーザーを保護するための Google の取り組みについて詳しくは、Google のセーフティ センターをご覧ください。