ハイレベルの保護を必要とするユーザーのための、Google の最も強固なセキュリティ

高度な保護機能プログラムが、ジャーナリスト、活動家、ビジネス リーダー、政治関係者など、標的型攻撃のリスクがあるユーザーの Google アカウントを保護します。

Google の高度な保護機能プログラムで重要な情報を保護する方法

高度な保護機能がデータを安全に保護する仕組み

動画を見る

セキュリティ キーを使用した最も強固なフィッシング対策

セキュリティ意識がきわめて高いユーザーといえども、巧妙化したフィッシング詐欺にだまされる可能性はあります。この脅威からユーザーを保護するために、高度な保護機能では従来の 2 段階認証プロセスよりも一層セキュリティを強化しています。具体的には、Google アカウントへのログイン時に、パスワードに加えて物理セキュリティ キーが必要になります。

フィッシングとは
フィッシングは、ユーザー名、パスワード、2 段階認証プロセスのコード、その他の個人情報をだまし取るために使われる典型的な手口です。フィッシング攻撃は、メール、電話、テキスト メッセージ、アプリ内など、さまざまなチャネルを通じて行われます。

高度な保護機能のフィッシング対策
高度な保護機能をご利用の場合、Google アカウントにログインするときに、パスワードに加えて物理セキュリティ キーが必要になります。このセキュリティ キーは、2 段階認証プロセスの中で最も安全な方法です。万一フィッシング攻撃に遭いユーザー名やパスワードを盗まれた場合でも、それを不正使用しようとするユーザーは物理セキュリティ キーがない限りアカウントにアクセスできません。

高度な保護機能に登録するには、2 つのセキュリティ キー(メインのキーとして使用するワイヤレス対応のキーと、その予備のキー)を購入していただく必要があります。登録後は、SMS や Google 認証システム アプリから送信されるコードなど、他の認証方法は使用できなくなります。

詳細

一部を表示

データへのアクセスを制限してデータを保護する

新しいアプリやサービスに登録する際、Google アカウントのデータへのアクセス許可が要求される場合があります。通常、これは危険をもたらすことではありません。ただし、高度な攻撃の手口として、ユーザーの個人データにアクセスできるようにするためにアプリやサービスを不正使用する、あるいは正規のアプリやサービスになりすます、というものがあります。ユーザーを保護するため、高度な保護機能では Google のアプリと特定のサードパーティ製アプリのみに、メールやドライブ内のファイルへのアクセスを許可しています。

このようなセキュリティ強化により、一部のアプリの機能が影響を受ける場合があります。Gmail やドライブのデータへのアクセスを要求する大部分のサードパーティ製アプリ(訪問した場所を追跡するアプリなど)には、アクセスが許可されなくなります。また、Gmail やフォトなど、ログインが必要な Google サービスにアクセスできるのは Chrome または Firefox からのみとなります。

Apple のメール、カレンダー、連絡先のアプリは、通常どおり Google のデータにアクセスできます。

詳細

一部を表示

本人確認のステップを追加し、アカウントへの不正アクセスをブロック

ハッカーがアカウントへの不正アクセスを試みるときの典型的な手口として、ユーザーになりすまし、本人がアカウントにアクセスできなくなったように装う方法があります。このようなアカウントへの不正アクセスに対する強固な安全対策として、高度な保護機能では、アカウントの復元プロセスに本人確認のためのステップを追加します。

もしアカウントにアクセスできなくなり、セキュリティ キーを両方とも紛失した場合は、この追加の確認手続きが必要になり、再びアクセスできるようになるまで数日かかります。

詳細

一部を表示

高度な保護機能を、ぜひご利用ください

Google の高度な保護機能プログラムの設定方法

高度な保護機能をご利用いただくには、セキュリティ キーを 2 つ購入し、お使いの Google アカウントにキーを登録する必要があります。

使ってみる

高度な保護機能プログラムでは、新しい機能を随時追加しており、セキュリティの脅威に一歩先んじる対策を行っております。

よくある質問

よくある質問

他の質問と回答については、ヘルプセンターをご覧ください。

すべて展開

すべて閉じる

セキュリティ キーが必要になるのはなぜですか?

ご登録の際は、2 つのセキュリティ キー(メインのキーと、メインのキーを紛失した場合の予備のキー)が必要です。パソコンとモバイル端末の両方に接続できるワイヤレス対応のキーを、メインのキーとして使用します。

セキュリティ キーは常に携帯する必要がありますか?

アカウントからログアウトした場合や、新しい端末でログインすることが必要になった場合に備えて、セキュリティ キーは常に携帯することをおすすめします(おそらくそうした必要は滅多にないでしょう)。ただし、旅行の際には必ずセキュリティ キーを携帯してください。

セキュリティ キーを両方とも紛失した場合はどうなりますか?

ログインが必要なセッションに引き続きアクセスできる場合は、account.google.com にアクセスし、紛失したキーに代わって交換用のキーを登録できます。キーを両方とも紛失し、ログインが必要なセッションにアクセスできない場合は、アカウントの復元リクエストを送信する必要があります。Google による本人確認と本人へのアクセス権の付与には、数日を要します。

仕事用アカウントで高度な保護機能を利用したいのですが、この機能は G Suite アカウントでも利用できますか?

はい。G Suite アカウントでも高度な保護機能と同じ機能をご利用いただけます。設定方法については、こちらのヘルプセンターの記事をご覧ください。

高度な保護機能の利用料金はいくらですか?

高度な保護機能は無料のサービスです。ただし、ご利用にあたってはセキュリティ キーを 2 つ購入する必要があります。セキュリティ キーの価格は、購入するモデルによって異なります。「使ってみる」をクリックすると、Google がおすすめするキーをご覧になれます。

高度な保護機能は必要ないとお考えの場合でも、2 段階認証プロセスを有効にすることで、アカウントの保護をさらに強化することができます。

使ってみる